2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
祝日
2023年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 
トップ > お知らせ

News / お知らせ

【cocolog.Vol.14】春にシミが濃くなる!?その真実とは!?

2023/03/16
春にシミが濃くなる!?その真実とは!?
寒い冬を越した後に迎える春は、暖かい日差しを沢山うけたくなりますね。 日々日差しがまぶしく感じませんか?
実は春の日差しには紫外線が多く含まれています。紫外線は夏をイメージしがちですが、3月頃〜紫外線量は増え始めます。太陽の位置は季節によって変化し、春には高い位置に移動し始めます。地球の真横から太陽が降り注ぐ。これこそ、春から紫外線が強くなる理由です。
今はまだ大丈夫!と油断は大敵!紫外線によるダメージが肌に蓄積し、シミやソバカスの原因を作ってしまいます。
春に濃くなるのではなく、春にシミが濃くなる原因がある。という事です。

イメージ画像



1.そもそものシミの種類

2.シミを濃くしない為に気を付けたい事

3.できているシミにはクリニックでシミ治療

4.クールエステティックでできるシミケア



1.そもそものシミの種類

・老人性色素斑(日光性色素斑)
紫外線によるシミの代表格、顔や手の甲、腕など、日光によくあたる部分にできる茶色いシミ

・そばかす(雀卵斑)
鼻を中心に左右対称に散らばる茶色の小さなシミで、女性に多く、思春期に目立つようになる

・肝斑(かんぱん)
30〜60代の女性に多くみられる頬や眼の下、額などに左右対称にみられる薄茶色のシミ紫外線ではなく、ホルモンの乱れの影響を受け濃くなる。

・炎症後色素沈着
ニキビ跡やアトピー性皮膚炎、傷跡、レーザー治療後の色素沈着

・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
20代頃から現れるアザの一種で、頬や額の両側に 左右対称現れる青み、灰色を帯びた褐色色素班



2.シミを濃くしない為に気を付けたい事

・紫外線対策
 紫外線量は4月頃からどんどん増え始め、6月〜8月にピークを迎えます。 9月以降になると徐々に減っていき、12月〜1月に最も低くなります。その為いまからしっかりとしたUVケアが大切です。是非、いまから色々試してベストな日焼け止めを見つけましょう!

・ターンオーバーを整えるスキンケア
加齢に伴い肌のターンオーバーは乱れてきます。肌のターンオーバーが乱れると皮膚の上に古い角質が留まり続けシミとして濃く見えてしまう事も。まずは肌のピーリングや幹細胞コスメなどでターンオーバーを整えるケアをはじめてみましょう!

・身体の中からインナーケア
また、肌のターンオーバーを促すのに不可欠なのは、バランスのよい栄養です。特に肌の免疫力と抵抗力を高めるビタミンA・C・Eを、たんぱく質や野菜からたっぷりとる事で、身体の中からもターンオーバーを整えることが出来ます。 とはいえ、食生活が不規則になってしまうことも。そんなときは美白に効くサプリメントを活用するのもおすすめです。 美白成分はいろいろありますが、単独でとるよりも組み合わせてとったほうが相乗効果を期待できます。多くのサプリメントは数種の成分が組み合わされているので、目的に合ったものを選びましょう



【UVケアしながら美白ケア】
UVカットジェルW 42ml

UVカットジェル

おすすめのポイント

美容成分を80%以上配合した、SPF50 PA++++の強い紫外線からしっかり肌を守りながら、美白ケアもできる日焼け止め下地。



【剥がさない角質美容液】
Skin Clear Serum 60mL

スキンクリアセラム

おすすめのポイント

毎日使える”剥がさない”処方の角質美容液で肌リズムを整える。AHA(フルーツ酸)5%配合の刺激感の少ない処方で化粧水前の導入液としてもおすすめです。



【指定医薬部外品の実力派】
シスミンCホワイト 30日分 180錠

シスミンCホワイト

おすすめのポイント

厚生労働省から使用を認められた4つの有効成分配合で、カラダの内側から全身スキンケア。シミ・そばかすなどのお顔はもちろん全身のお肌を内側からケアするほか、 肌トラブルを改善し、二日酔いや疲労回復にも効果が期待できます。



3.できているシミにはクリニックでシミ治療

美容皮膚科での治療方法は、「医療行為」となりますので多岐に渡り、高出力のレーザー・光による治療やピーリング、内服・外用薬、美容点滴など様々なシミ治療があります。
また医師による診察でシミの種類をきちんと判断することで、効果的な治療をすることが可能となります。一方でレーザーや光によるクリニックでの治療は担当医師や施術をおこなう看護婦の技術力によって左右されることも。クリニックでのレーザーなどは角質から基底層まですべてを破壊する可能性があり真皮まで傷をつけてしまった場合は元に戻りません。
そのため、クリニック選びは慎重におこなう必要があります。



4.クールエステティックでできるシミケア

クールエステティックではシミだけでなく、トータルの肌状態をプロのエステティシャンがみて、肌への負担が少ないシミケアだけでなく美肌へのトータルケアを提案いたします。
また、肌への負担が少ないということは効果も徐々に感じられるため美容医療のようなダウンタイムがなく、日常生活の中で続けやすいというメリットがあります。

また、紫外線だけがシミの原因になるわけではありません。
春は新生活がはじまったり、ちょっとした生活の変化など、環境の変化が起きやすい時期でもあります。それらの変化に知らずにストレスが溜まり、ホルモンや自律神経を乱れさせ、お肌にも悪影響を及ぼします。その他にも、3月からは花粉や黄砂などお肌トラブルを招く要因が多いのも実はこの季節なんです!
刺激を受けやすくデリケートなこの時期は、ただシミのケアをするだけではなく、クールエステティックでお肌の状態を見ながらゆらぎ肌ケアも同時におこなっていくことでトラブル知らずのお肌へ!
また、クールエステティックではシミがなくなっても、また出来てしまうということを防ぐためにも自宅でできるケアも、お客様にあわせてご提案をさせていただきます。


イメージ画像

エステサロンでのケアがおすすめの方
✔ シミだけでなく肌をトータルでキレイにしたい方
✔ シミができにくい肌にしたい方
✔ 痛み・刺激に弱い方
✔ リラックスしながら綺麗になりたい方

\クールエステティックでは各店舗で春のシミケアキャンペーンも開催中!! /

店舗のシミケア

アクセス : 222

【BODY MAKE 4D EX】ココセレでのお取り扱い終了のお知らせ

ページトップへ